GPLv3 は Web アプリケーションを制限していない


はい、そんなワケで以前書いた「ext.js のライセンス問題」の訂正です。

コメントで指摘していただいたとおり、最終的な GPLv3 (日本語参考訳) には Web アプリケーションサービスに関する記述は特にありませんね。

GPLv3 検討段階で GNU Affero General Public License という別のライセンス (こちらは Web アプリケーションサービスに制限を課している) と統合されるというハナシがあったのですが、どうやらそれは見送られたようですね。

詳しくはこちら。

FSF、Affero GPLバージョン3を公開:ニュース – CNET Japan

引用すると、こういうことらしい。

FSFはAffero GPLの内容をGPLバージョン3に盛り込むことを考えていたが、独立したそれぞれのライセンスとしてリリースすることを選択した。その結果、すでに数多く存在していたフリーやオープンソースプログラマー向けライセンスがまた一つ増え、ライセンス選択の複雑さも増した。これについて、FSFは、GPL下で書かれたコードとAffero GPL下のコードは状況によっては組み合わせることができるかもしれないと説明している。

うーむ、よく調べもしなんで嘘を書いてしまいました。すまぬ。

ただ、それにしても v3 かどうかは別として、GPL になってしまうとクローズドソースなショーバイで使い難いのは確かなので、LGPL でまだマシな openext の動向は注目ですね。


コメントを残す