私家版 rpm:vloopback


仮想ビデオ入力デバイス VideoFourLinuxLoopbackDevice vloopback です。

私家版 rpm の使い方はこちらをご覧ください。

rpm 作成環境
fedora-13

確認済み環境
fedora-13

ソース rpm
vloopback-kmod-r23-matchy1.fc13.src.rpm
vloopback-kmod-common-r23-matchy1.fc13.src.rpm

依存パッケージ

  • kernel-devel
  • buildsys-build-rpmfusion (RPM fusion)
  • akmods (RPM fusion)

インストールについて
RPM Fusion の akmods に対応しています。
まず2つの srpm をビルドし、生成されたバイナリ rpm のうち、以下の2つを同時に (rpm または yum コマンドのパラメータとして両方指定して) インストールしてください。

  • akmod-vloopback-*.rpm
  • vloopback-kmod-common-*.rpm

次に、root 権限で以下のように実行します。

# akmods --force

akmod-vloopback でインストールされた src.rpm がリビルドされ、生成されたバイナリパッケージが自動的にインストールされます。
kernel パッケージに更新があるたびにこの処理が行われるので、kernel のバージョンアップがあってもいちいち自分でパッケージを作り直したりインストールし直す必要はありません (のハズw)。

さらに、次のようにするとシステムブート時に自動的に vloopback が有効になります。

# chkconfig vloopback on
# /etc/init.d/vloopback start

コメントを残す