インターネットを経たリアルなつながり


前の記事の続き。

えー….、手前味噌なんですが、当方の勤務先で『ながのモール』というサイトをやってましてね。
信州でご活躍されるさまざまな企業様や商店主様などなどが、信州の名産品を中心にさまざまな商品を販売されているショッピングモールサイトです。
善光寺御開帳でお土産を買い忘れたあなた、父の日のギフトを探してらっしゃるあなた、是非一度お立ち寄りくださいねっと。以上、宣伝終わり (苦笑)。

さて、当方はこれ実は担当していないのと、現在の勤務先に入社して日が浅いので正直深いところまで知らなかったのであるが (おいおい)、このながのモールの担当者と出かける用事があったのである。

そいで、ついでなので…ということで、とある出店者様のところへご挨拶にうかがったのである。

実はその方、最近電話をかけても連絡がとれない。おひとり暮らしで、体の具合もあまりよろしくないとのことだったので、心配だ…ということだったのである。

お宅の前にお邪魔して、何度かお声をおかけしたのだけれども出てこられない。
それでもとさらにお声をおかけしたら、出てこられた。
いろいろなご事情から、現在は本来のご自分の活動ができなくなっており、連絡もできない状態だったと。
それでも、いやーお元気そうで良かったと。

良かっただけじゃ済まない現実的な問題もないわけじゃないんだけど、とにかくお元気でよかった。

「いろいろ片付いたら、また再開しますので!」

と。

その後、その担当者から、中信や南信の出店者様のところへ半日近くかけてうかがったハナシを「大変だったハナシ」として聴いたのだが、いやー、すげぇなあと。長野県てね、広いんですよ無茶苦茶。もちろん北海道には負けるけどさ。

とにかくネット上だけじゃなく、実際にお会いするということを大事にしているのだと。

だから、連絡がとれなくなると、まずは健康について気になるのだなぁと。

帰社してまずはお元気であったと報告すると、みんな「いやー良かった」と。

「インターネットの仮想的なつながりだけではない、リアルなつながり」なんてね。
ここまでやってこそ言えることなんだなぁと。

自分の勤務先のことながら、正直、ちょっと感動したのであった。

….正直、ナガブロの方に書いたほうが宣伝になるカモしんないけれども、あまりに手前味噌にもホドがあるので、自粛してこっちに書いた (苦笑)。


コメントを残す