iPhoneが壊れたはなし


ある日、iPhoneが壊れた
いや、なんか Wi-Fi の受信が弱いなーと思っていたんである。で、翌日次男と出かけて、マクドナルドでコーヒー0円とかやってたもんだから、息子は Nintendo DS、オレは iPhone で遊ぼうと思ったら Wi-Fi つながらない。

おっかしいな?と思いつつ放置。で、帰宅したら、やっぱり自宅の Wi-Fi にも繋がらない。

あれぇ?と思って念のため iPhone を再起動。すると、[設定]->[Wi-Fi] のところがグレーアウトされてそもそも設定すらできなくなったという始末。
さらに、[設定]->[一般]->[情報]->[Wi-Fiアドレス]も「N/A」という表示になった。

これはいかんなぁと思い、ぐぐってみると、同じ症状になった方は皆さん本体交換になったというではないか。

地方ユーザー困惑する
当方は長野県に居住しておるのだけど、長野に AppleStore はない。以前付属の純正ヘッドフォンが壊れたときに SoftBank ショップに「これ保証期間だからなんとかなんないの?」と聞いたら、「iPhone は Apple さんにサポートしてもらってください」と言われたことがあり、SoftBank ショップに行った所でどうにもならんというのは理解していた。

幸い数日後に東京出張だったので、ついでに AppleStore に寄ればいいやと思って、Genius Bar を予約しておいた。

台風襲来
しかし、その日台風18号が襲来!実際当方の住んでいる近辺はたいしたことなかったのだが、JR の在来線が念のためストップ。そのおかげでしなの鉄道も動けない。新幹線は動いているのに新幹線駅に行けないという有様で、出張自体がキャンセルとなった。

うーむ、仕方ないので Apple に電話すっかーと思ったものの、問い合わせ電話番号が見当たらないのであった。

かなり探しまくって、Apple のサイトの非常にわかりにくいところで発見。やっと電話をかけてみる。

Apple へ電話で問い合わせ
電話をかけたところ「混み合っている」とのことで10分程度待たされる。フリーダイアルで良かったよ。
で、症状をお伝えする。実際 AppleStore の Genius Bar に行ったところで、窓口の方は iTunes の「復元」機能で初期化するだけであると聞いていたので、それも事前に試していた。で、それでも改善されない旨も説明。
数日前に iPhone OS 3.1.2 がリリースされたので、それへのバージョンアップもしたということもお伝え。

電話のご担当者は非常に丁寧に、「そこまでやっていただけましたか、ご迷惑をおかけします」という感じで非常に好印象でしたな。

で、予想通り本体交換ということなった。交換機を宅配便で送るので、同梱資料の説明に従って故障機を返送してくださいとのこと。

しかし、ここでまさかのことをおっしゃる。「一時的な保証金としてクレジットカードで78,000円がかかります。これは故障機の返却後にキャンセルします。つきましてはクレジットカード番号を教えてください」。

は?

いやーびっくりした。Apple から交換機を発送して、10日以内に故障機が返送されなかった場合はその金額が没収される。これはまあびっくりなはなしだけれども、日本だけでなく世界中同じルールでやっているのかもしれない。世界は広いので、悪意のあるヒトや放ったらかしにするヒトもいるかもしれないしね。

後から来たメールによると機種によって金額が違うそうで(当たり前か)、ワシの iPhone 3G 16GB はもうちょっと高かったんだがそれは細かいハナシ。

ウチの子供達の Nintendo DS を何度か任天堂に修理に出していて、そのときはまず返送用のハコを送ってきてくれるので、そこに入れて発送。修理後に送り返してくれた。これは丁寧でステキなんだけど、その間電話が使えなくなるのは困るわけで、「保証金」というのはちょっとびっくりするけれど、この方法であれば使えなくなる時間はほとんどないので(バックアップから復元する必要はあるが)まあ最良の方法なんだろう。

荷物がうけとれない
で、数日後に某宅配業者から荷物到着のお知らせメールが来た。たしか日中は親がウチにいるはずなので問題ないと思っていたら、不在のため持ち帰ったというメールが。あれ?外出してたのかな?と気にとめていなかった。ネットから 20:00~21:00 に再発送してもらうように申し込んでおいた。

で、20:00 をちょっと過ぎた頃に帰宅。すると「宅配のヒトが来たけれども、荷物と交換で受け取るものがあるからってことで帰った」とのこと。あれ?故障機すぐ宅配のヒトに預けるの?

宅配業者へ電話で問い合わせ
あわてて宅配業者へ電話。「なんか引き換えって言っているけど、そういうことなんスか?」「いえ、そういうハナシは聞いていません」。あれ?ウチの親が聞き間違えたかな?
「『店頭受け取り可能』ってメールと不在票に書いてあるけど、近所のコンビニに配送してもらうことは可能なの?」「配達員がまだ帰ってきてないのでご近所のコンビニがわかりませんし」「いやだからそれがわかればできるんですか?」「ちょっとお待ちください」。きっと管理システムで調べてるんだろう。言い訳はいいから先に調べてくれよ(苦笑)。

「お客様のお荷物は『店頭受け取り』はできません。再配送させていただくか、事前にお電話いただいてから配送センターまでとりにきてきただくことになっております。お客様のお荷物をお取り扱いしている配送センターは電話がありませんので、お越しになる場合は明日以降でお願いします」。

は?

「でも『可』って書いてありますよ?」「いえ不可能です」「じゃあこれは間違ってるってこと?」「コンピュータ管理ですので、間違うということはありません

どうでもいいよそんなの。

「じゃあともかく明日再配達してください。モノの交換は必要なんですか?」「ですからそういう話は聞いておりません (ナゼか逆ギレ気味)。セキュリティ関係のお荷物のようですので、ご本人様確認をしていただきます」。

なんかすげー気分悪かったよ、正直。

ちなみにその後来た不在通知メールでは、「店頭受け取り:不可」になっていた(苦笑)。

そして荷物到着
で、翌日。21:00 少し前に持ってきてくださった。電話は気分悪かったが配達の方の罪ではない。むしろ遅い時間に申し訳ないと思いつつでてみると…「ええと、なんかお客様のモノと交換でお渡しすることになっています」。

は?

「ええ?昨日御社にお電話で聞いたらそんなことないって..。言ってくれれば用意しといたのに!」
後日返送だと思い込んでいたのでテキトーにそこらに投げ出していた iPhone を探し出して、カバー外したり中身を初期化したり (これは本体操作でやればすぐ終わる) とかとか….。配達員の方をものすごくお待たせしてしまった。申し訳ないことをいたしました。

そうそう、この手順は送られてきた荷物の中に指示書があるのと、必ず SIM カードを故障機から交換機に入れ替えるのを忘れないように!

そして復元
やっとのことで交換機を手に入れたので、早速 iTunes でバックアップから復元してみる..。「互換性がないので復元できない」と言われる。

は?

交換機を確認してみると、iPhone OS が 3.1。バックアップデータは iPhone OS 3.1.2 でとったもの。おいおい、OS バージョンアップしろってかよ…。

というわけで、iPhone OS 3.1.2 へ更新して、バックアップから復元。ほぼ一晩かかったのであった。

Wi-Fi の暗号キーや各アプリのパスワードがふっとんでいたものの、それ以外は完全に直った。結局翌日仕事から帰ってそれらを再設定することで完全復活となったのでした。

そんなわけで、この記事が地方在住 iPhone ユーザーの一助とならんことを願いつつ…

2009/11/15追記:
なんと!本日交換機がまたもやまったく同じ症状になった!これはいったい…???

2009/11/15さらに追記:
そしてまた本体無償交換となった…。AppleCare に入ってないと手数料3,400円かかかるので、入っておくことを強くおすすめします

2010/7/25追記:
そして本日また症状再発。AppleCare に電話したところ、本日午後3時から世界中で Apple のシステムがメンテになってしまった (トラブった?) ため、受付不能とのこと

2010/8/18追記:
さらにこの交換機は通話中にバリバリノイズがのることが判明。8/13にまたもや交換。
そして、交換された3日後の本日、こちらに記載されている「エラー23問題」が発生して一切対処不能状態に陥ったのであった。

さすがにもうiPhoneの使用はヤメようかと途方にくれている状態です


コメントを残す