Amazon で購入した MP3 ファイルが Amazon Cloud Player に入らない場合がある


Kindle 本体の販売及び Kindle Store が日本でも始まったわけだが、そのイキオイというわけでもないだろうけれども、Amazon Cloud Player 及び Amazon Cloud Drive もはじまった。

Amazon Cloud Player というのは、Amazon の音楽ダウンロード販売で購入した楽曲ファイルが、Kindle Store で電子書籍を買ったときと同じ感じで Amazon のクラウドサーバーに保存されて、それこそ Kindle 端末や iOS デバイス、Android デバイスやもちろん PC からいつでもどこでも聴くことができるというそういうサービスらしい。

説明によると「Amazon.co.jpで購入したMP3楽曲およびMP3アルバムは、過去に購入されたものも含め、無料で自動的にクラウドに保存されます」とのことなので、早速アクセスしてみた。

あ、あれ? 1曲しか入ってない…。

たしか日本で Amazon MP3 がはじまったばかりの頃、Facebook 創業をモデルにした映画『ソーシャル・ネットワーク』のサウンドトラックがかなり安く売られていた (今もだけど) ので、お試しがてら買ったハズである。

変だなーと思い、念のため Amazon に問い合わせてみたところ、以下のようなご回答をいただいた (一部抜粋)。

確認しましたところ、ライセンスの制限やその他の理由により、Amazon MP3ストアで以前購入した楽曲をAmazon Cloud Playerのクラウドライブラリ上で利用できなくなる場合がありますので、ご了承ください。
なお、お客様の端末にダウンロードした楽曲が影響を受けることはありません。

『ソーシャル・ネットワーク』のサントラは今でもアルバム価格で 600 円と安価ではあるものの、湯水のごとくお金があるわけではない身の上なので、手元のファイルが破損した場合に再度購入することなく、Cloud Player から再ダウンロードできるのとできないのとでは大きな差である。

もっともこのアルバムが激安なのは、ある程度用途を限定していることに由来しているのかもしれず、いたしかたないといえばそうかもしれない。

いずれにせよ、楽曲やアルバムによっては Cloud Player には保存されないモノがあるということだ。 購入前にその違いを知ることはできないか?と引き続き問い合わせ中なので、ご回答いただき次第本稿に追記したい。


コメントを残す