concrete5 5.3 リリース


最近 FLOSS 関係で唯一肩入れしている CMS ツール「concrete5」の version 5.3 がリリースされましたな。

5.2 系列で日本語が正しく扱えない問題があったのは先人達が本家に働きかけて下さっておおむね治っていたので、当方から「メールの Subject が化ける問題」と、「meta タグの Content-Type は title タグより前におかないと IE で文字化けするぞ問題」のパッチをカタコトの英語で送ったらすんなり受け入れていただいたので、概ね日本語をちゃんと使えるようになっているのでありまする。そうそう、Usagi Project さんがメッセージカタログなどの日本語翻訳をされていて、5.3 対応版も近日リリース予定だそうなので、日本語のサイトを concrete5 で構築されたい方はもう少々待たれた方が良いカモしんない。

ただし、5.3 では日本語の全文検索ができない問題がある。
MySQL の全文検索機能を使う実装になっているのだが、残念ながら現在の MySQL では日本語を扱うことができないからである。

これについてはどうも簡単にどうこうできそうにないので、当方も Usagi Project さんに混ぜていただいて、可能であればなにか貢献させていただければ…と思っているところである。

しっかし、なんかよくわかんねぇんだ。

本家の svn リポジトリに対して、とりあえず参照だけできる権利を現在いただいているのだが、ソレの trunk とリリースされた 5.3 が違うモノなのよね。

svn のヤツは short_open_tag が On であることが前提となるように1ヶ月前ぐらいから突然変わったのであるが (ナゼそんなことになったのかはよくわからん…)、リリース版は short_open_tag 無効でも動くように直してあるのよ。ぱっと見ただけなので他にも違う点があるのかちゃんと追ってないけど、なしてこういう違いがあるのやら。
なんせ英語がわからんので、こういうビミョーなハナシはどうやって質問すれば良いのやら状態。

ついで、Usagi Project さんの 日本語 5.3 ベータ版も本家版と差分をとると、「なんでここでこうしてるんだろう?」みたいな箇所が少なからずある。まあこれについては当方の理解が浅いだけだと思うので、Usagi Project さんに混ぜていただいてから質問させていただく予定。

MobilePressNEO はまたもやほったらかしになってて申し訳ないのですが、当方の興味が blog ツールよりイマドキの CMS の方に向かってしまっているのでご容赦くだせぇよっということで。


コメントを残す