Windows 7 x86_64 で git が動かない場合のメモ


Windows 7 x86_64 に最新の msysgitSourceTree やらを入れても、bash が ACCESS_VIOLATION になってさっぱり動かない場合がある。場合っつーかオレの勤務先の環境がそうであって、勤務先の別の人のところではそうはならない。わけわからん。

その場合は、以下のように対処する。

まず、Git-1.7.8-preview20111206 であれば問題なく動作するようなので、ダウンロードしてインストールする。

で、C:\Program Files (x86)\Git あたりにインストールされるので、[コントロールパネル][システム][システムの詳細設定][環境変数]PATHC:\Program Files (x86)\Git\bin を追加しておく。

次に Git-flow を使えるようにする。

まずは GnuWin32util-linux-ng をインストールする。

で、GnuWin32 は C:\Program Files (x86)\GnuWin32 あたりにインストールされるので、[コントロールパネル][システム][システムの詳細設定][環境変数]PATH C:\Program Files (x86)\GnuWin32\bin を追加しておく。

次に、コマンドプロンプトを「管理者として実行」で起動。どこか一時的なテキトーなディレクトリに移動して、以下のカンジで実行。

> git clone --recursive git://github.com/nvie/gitflow.gi
> cd gitflow
> bash contribgitflow-installer.sh

で、[コントロールパネル][システム][システムの詳細設定][環境変数]PATH C:\Program Files (x86)\Git\local\bin を追加しておく (めんどくせーー)。

あとは SourceTree からでも [Tools][Options][Git][Use System Git] を実行すれば今インストールした git を指定して使用することが可能。

(2013/08/27 追記)

故あってWindows7をクリーンインストールしなおしてSourceTreeを入れたらなんのことはなく動いた。なんなのだろう。ただただ腹立たしい。ちなみに日本語ファイル名をpush/pullするときにUTF-8化してくれてるのは MSYS 1.7.10 以降だそう (参考リンク:UTF-8の日本語ファイル名に対応した「Git for Windows v1.7.10」公開 | ソフトアンテナブログ) なので、上のヤツだと問題があることに注意。


コメントを残す